目に良い沖縄の食べ物を継続的に摂れるサプリは一望百景!

沖縄で昔から食べられている「ウム」とは?

沖縄の人は全国でもっとも眼鏡に頼らない
県民だと言われています。

 

沖縄の食べ物には目に良いものがあり、
それを継続的に摂取することが視力の低下の
抑制につながると言われています。

 

ではどんなものがあるでしょうか。

 

沖縄には「目がショボショボしたらウムを食べろ」
という言葉があります。

 

この「ウム」とは紅いものことです。

 

そのおかげで新聞の字もはっきり見える
ということなのです。

 

沖縄の人の主食と言っていいのがこの紅いもです。
紫芋とは違う種類のものです。

 

紅いもは、沖縄がまだ琉球王国と呼ばれていた
時に中国から伝えられ、当時の人を飢餓から救った
食べ物です。

 

沖縄の全土で栽培されています。

 

紅いもは特に目に良い食べ物として代表的な
沖縄の食べものですが、生のものを沖縄から
持ち出すことはできません。

 

しかし最近では紅いもサプリの一望百景という
ものが注目されています。

 

沖縄の食べ物には老眼を回復させるものがあり、
それによって眼鏡を必要としない人が多いのですが、
他にも土地のものを食べるという習慣もあります。

 

土地のものにはやはり力がありますので、
生活の中で良いものを食べるのが健康に生きる
秘訣と言えるでしょう。

 

 

関連ページ

一望百景に含まれる「八重山かずら」ってどんなものなの?
八重山かずらという名前を初めて聞く方も多いのではないでしょうか。 かずらとはイモの葉っぱの部分のことで、ルテインがホウレンソウの約3倍も含まれている野菜なんです。
琉球の紅芋とかずらの力。琉球アイサプリで何が変わる?
沖縄の特産品である紅芋とかずらの力がこめられた一望百景と呼ばれるアイサプリメントの力としては、目をよくする作用が非常に良く知られておりとても人気があります。
紅芋と八重山かずらの栄養素を摂るならサプリが最適の理由とは?
一望百景が、紅芋や八重山かずらに含まれている目にいい栄養素を摂るのに便利なのは一日一粒だけでいいことと、国産の材料にこだわっているからです。
久米島で摂れるいもの力!ブルーベリーの4倍のアントシアニン!
一望百景には久米島の紅芋が含まれており、ブルーベリーの4倍のアントシアニンを含有します。 サプリに熱加工するときの成分損失が少なく、吸収性が高いのが魅力です。
沖縄の秘薬!?「ぬちぐすい」に期待できる効果とは?
一望百景は紫外線の強い沖縄ならではの強力な自然素材です。アントシアニンとルテインを豊富に含んだ一望百景を使って効果の高いアイケアを始めましょう。
沖縄にしかない目に良い食べ物を効率よく摂るにはサプリが最適!
長寿で健康な人が多い沖縄には目に良い食べ物がたくさんあるので、上手に摂取したいなら天然成分でできたアイサプリの一望百景を使ってみるのがおすすめです。

トップページ お得な通販情報! 商品の口コミについて! Q&A! サイトマップ