原料は沖縄の目にいい芋サプリ

原料は目に優しい3つの素材!

「夕方になると目が乾いて困る」
「近ごろ、新聞や雑誌を読むのが大変だ」
「車の運転に不便を感じる」

 

そんな悩みを持つ人に支持されているマイケアの「一望百景」ですが、
その成分は一体どんな材料が使われているのでしょうか?

 

「一望百景」の主成分は、主に下記の3つに集約されます。

 

・紅いも
・八重山かずら
・もずく

 

これらは、琉球(沖縄)特有の自然素材で多くの島の人々に食されています。

 

では、これらの素材について、ひとつひとつ見ていきましょう。

疲れ目、目のかすみなどの悩みに!アントシアニンをたっぷり含んだ紅いも!

紅いもは、主に沖縄では主食、副食、デザートに利用される色鮮やかないもです。
このいもは、本土のさつまいもと同じように焼き芋や天ぷらなどで食べられています。

 

 

この紅いもは、疲れ目によく飲まれている「ブルーベリー」に含まれている
「アントシアニン」が4倍も含まれています。

 

この「アントシアニン」は、ポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素です。
植物が紫外線などから身を守るために蓄えられているのですが、目の働きを
高めたり、眼精疲労を抑える効果があることで知られています。

 

目が光を感じる働きで主な役割はロドプシンという色素のタンパク質ですが、
アントシアニンは、そこに栄養を与えています。

 

アントシアニンが補充されると、「かすみ」や「ぼやけ」の疲れ目、
視界が「くっきり」するなどの効果があると言われています。

 

アントシアニンの効果として、下記のようなものがあります。

 

・視覚の機能を改善する
・眼病予防
・メタボリック予防
・花粉症予防

 

主に視力など目の効果が高く、目のかすみ改善に効果があるようですが、
花粉症やメタボにも効果があるのは驚きですね。

 

さて、以下にアントシアニンの含まれる食材のランキングと良い面、
悪い面を取り上げます。

 

カシス
(アントシアニン含有率584mg/100g当り)

 

   良い面:アントシアニンの体への吸収率がブルーベリーに比べ早い。
       ビタミンも豊富。

 

   悪い面:食品として手に入れるのは困難。サプリも少ない。

 

 

ビルベリー
(アントシアニン含有率431mg/100g当り)

 

   良い面:アントシアニンの含有率が高く、最近ではサプリにも
       使われるようになってきた。

 

   悪い面:栽培方法が難しく、生産量が安定しない。国内産が
       皆無で外国産は農薬の状況を確認しなくてはならない。

 

 

紅いも
(アントシアニン含有率369mg/100g当り)

 

   良い面:ヒルベリーと並ぶアントシアニン含有率の高さ。

 

 

   悪い面:生のものは、植物防疫法で沖縄県外へ出荷できない
       ので、サプリやケーキに加工したものしか入手できない。

 

 

ブルーベリー
(アントシアニン含有率89mg/100g当り)

 

   良い面:目のサプリメントとして世に知られた元祖健康素材。
       ジャムやお菓子でもよく使われている。       

 

   悪い面:アイサプリとして有名な割には、アントシアニンの
       含有率はそれほどでもない。

 

 

巨峰
(アントシアニン含有率72mg/100g当り)

 

   良い面:一般によく知られる素材としては、アントシアニンの
       含有率がブルーベリーに次いで高い。     

 

   悪い面:サプリメントとしては、ほとんど見られず、旬の
       収穫時期にしか見ることが少ない。

 

 

目のサプリで有名なブルーベリーは何とアントシアニンが89mgで
4位、カシスやビルベリーには劣りますが、紅いもの含有量はそこそこ
ですね。

目のにごり、ゆがみの悩みにルテインを含んだ八重山かずら!

甘藷の葉っぱで、青物の少ない沖縄では夏場の代表的な野菜。
主に雑炊やみそ汁の具などに使われています。

 

 

目のにごりやゆがみに効果が高い「ルテイン」を含有しています。

 

ルテインは、強い抗酸化作用を持ったカロテノイドの一種で、
ほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれています。

 

ルテインは光を遮る性質があり、紫外線の中で最も目にダメージを
与える青い光を吸収します。またレンズの錆を抑える抗酸化作用も含め
2重に目を守っていると言えます。

 

さて、以下にルテインの含まれる食材のランキングと良い面、悪い面
を取り上げます。

 

マリーゴールド
(ルテイン含有率135mg/100g当り)

 

   良い面:ルテインサプリメントの代表格。石油系の合成ルテインが
       多い中、天然ものと言えば、マリーゴールドと言っても
       過言ではありません。

 

   悪い面:大量生産できないため、合成ルテインに比べ高価。

 

 

八重山かずら
(ルテイン含有率30mg/100g当り)

 

   良い面:ルテインの含有率は野菜の中で多い方。
       国内で栽培されているものの中ではトップクラス。       

 

   悪い面:植物防疫法で沖縄県外へ出荷できないので、生産量は
       限られている。サプリメントも少ない。

 

 

ケール
(ルテイン含有率22mg/100g当り)

 

   良い面:野菜の王様と言われ、ルテインの含有率も高い。
       青汁の原料としても有名で、多様な栄養分を同時に
       摂取することができる。

 

   悪い面:主に青汁で摂取することになるのですが、風味が
       独特で飲みづらいという意見もある。

 

 

効果だけ考えれば、マリーゴールドを使いたいところですが、琉球の素材を
複合的に使うという点に主眼が置かれているようです。

乾き目や衰えの悩みには、フコイダンをたっぷり含んだもずく!

沖縄は国内で消費される「もずく」の95%以上のシェアを誇ります。
沖縄の家庭では、もずく酢以外にも天ぷらや素麺に入れることが多いようです。

 

 

もずくに含まれる「フコイダン」は、褐藻類(わかめ、コンブ、もずく)の粘り
成分に多く含まれる食物繊維です。

 

沖縄では、健康長寿の元と言われ、以下のような効果があると言われています。

 

・抗酸化作用
・抗ガン作用
・抗菌作用
・皮膚の修復作用
・胃粘膜保護作用
・胃潰瘍治癒促進作用
・血中コレステロール低下作用

 

ガンや炎症、血管生成、免疫、代謝などあらゆる事に効果があると言われ、
まさに健康長寿の素材と言われる所以ですね。

 

目が痛いドライアイなどにも効果が期待できそうです。

 

さて、最後にさて、以下にフコイダンの含まれる食材のランキングと良い面、
悪い面を取り上げます。

 

もずく
(フコイダン含有率2,300mg/100g当り)

 

   良い面:フコイダンの含有率が、何と2位のメカブの2倍。
       現在、フコイダン系のサプリメントの主原料となっています。
       その他の栄養分も豊富です。       

 

 

   悪い面:収穫地域が限定されるので、生産量に限りがあります。
       台風の影響にも左右される。

 

 

メカブ
(フコイダン含有率1,000mg/100g当り)

 

   良い面:ワカメの根元の部分で、ワカメの本体よりも栄養が豊富。
       フコイダンの含有率も高く、入手もしやすい健康食品。 

 

 

   悪い面:乾燥ものは外国製が多く衛生面も不明な点が多い。
       国内産は高価。

 

 

コンブ
(フコイダン含有率470mg/100g当り)

 

   良い面:古くから食用として用いられる。入手しやすく、風味も
       豊か。ミネラルも多く毎日の健康管理には有用な食材。

 

 

   悪い面:中国産の養殖コンブは国内生産のものより7倍と多く、
       多くのコンブは外国産。またフコイダンの含有量は比較的
       少ない方である。

 

褐藻類は目に良いだけでなく、健康長寿の効果も高い食材なので、日ごろから
多く摂取されると良いかも知れません。

成分は偏らず3種類の成分をバランスよく採りましょう!

疲れ目、ぼやけには、アントシアニン、目のにごり、ゆがみには、ルテイン、
乾き目や衰えには、フコイダンと高価はそれぞれですが、視界の主な問題は
「加齢による衰え」にあると言われています。

 

今まで、アントシアニンとルテインの効果は広く知られていましたが、
フコイダンも同時に採れるサプリは無かったようです。

 

目のサプリメントでも、このうちの一つは含んだものはあるものの、
3つの成分をバランスよく含んだ商品は今までにありませんでした。

 

理想としては、この3種類の成分をバランスよく摂取することが
望ましいでしょう。

 

 

原料は一体、どんなものを使っているの?詳しく調べてみました!記事一覧

一望百景に含まれる「八重山かずら」ってどんなものなの?

国産素材をふんだんに使用したアイサプリである一望百景ですが、含まれている食材の名前が聞いたことの無い名前で、よく解らないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、一望百景に含まれている八重山かずらに注目してみたいと思います。ルティンがホウレンソウの3倍含まれているという八重山かずら...

≫続きを読む

琉球の紅芋とかずらの力。琉球アイサプリで何が変わる?

沖縄の特産品である紅芋とかずらの力がこめられた一望百景と呼ばれるアイサプリメントの力としては、目をよくする作用が非常によく知られています。この2つの特産品の力によって眼鏡を着用する人の割合は少ないという傾向がデータから分かっています。理由としては、この2つの特産品に含まれている成分にあります。まず紅...

≫続きを読む

紅芋と八重山かずらの栄養素を摂るならサプリが最適の理由とは?

沖縄の高齢者の方はメガネや拡大鏡を使わずに新聞を読むことができる人がとても多いと言われていますよね。実際に家計調査では、メガネに使うお金が平均よりもかなり少ないことがわかっていますから、メガネに最も頼らないと県と言われるのは本当のことなんです。沖縄では今でも毎日のように紅芋が食べられていると言われる...

≫続きを読む

久米島で摂れるいもの力!ブルーベリーの4倍のアントシアニン!

一望百景には久米島の紅芋が配合されており、日本のアントシアニンとして人気があります。ブルーベリーにもアントシアニンは含まれていますが、市販されている種は含有量が少ないのです。果実やジャムとして食べても、十分なアントシアニンは摂取できません。久米島の紅芋のアントシアニンはブルーベリーの4倍であり、熱に...

≫続きを読む

沖縄の秘薬!?「ぬちぐすい」に期待できる効果とは?

一望百景は安全性の高い国産素材でつくられたアイサプリです。長寿の県としても知られる沖縄県産の素材を使っている商品ですから、高い実感力を期待できます。沖縄の素材は古来より「ぬちぐすい」として珍重されてきました。沖縄の方言で、「ぬち」は「命」、「ぐすい」とは「薬」という意味で、医食同源や美味しい料理など...

≫続きを読む

沖縄にしかない目に良い食べ物を効率よく摂るにはサプリが最適!

100歳を超える長寿の人がたくさん住んでいることで有名な沖縄には、健康な食材や料理がたくさんあって目に良い食べ物も多いことで知られています。アントシアニンを多く含む紅いもや、ルテインがたっぷり入った八重山かずらは特に強力で、視力回復だけでなく体力をつけたり滋養強壮や美肌、アンチエイジングにも役立つの...

≫続きを読む

目に良い沖縄の食べ物とその賢い摂り方!

沖縄の人は全国でもっとも眼鏡に頼らない県民だと言われています。沖縄の食べ物には目に良いものがあり、それを継続的に摂取することが視力の低下の抑制につながると言われています。ではどんなものがあるでしょうか。沖縄には「目がショボショボしたらウムを食べろ」という言葉があります。この「ウム」とは紅いものことで...

≫続きを読む


トップページ お得な通販情報! 商品の口コミについて! Q&A! サイトマップ