ルテインの多い植物ランキング

目のにごりやなやみすっきり!「ルテイン」のランキングは?

緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種が「ルテイン」です。

 

石油系から合成されるものがサプリメントに多いと言われていますが、
ここでは天然ものの「ルテイン」についてランキングを調べてみました。

 

強い抗酸化作用でレンズのサビをおさえ、ゆがみやにごりをすっきり
させるのが「ルテイン」と言われています。

 

その抗酸化作用は太陽の紫外線で発生する活性酸素をおさえ、ダメージを
小さくしてくれるようです。

 

 

「マリーゴールド」はルテインの代名詞

 

 

ルテイン含有率135mg/100g

 

OK・・・ルテインの代名詞がマリーゴールドです。
    サプリメントの多くは石油系合成ルテインが主流ですが、
    天然ものではマリーゴールドを超える含有率はありません。

 

NO・・・花としての観賞用のマリーゴールドは多いようですが、
    大量生産ができないので、サプリメント用の多くは外国産です。
    価格は高価になります。

 

「八重山かずら」は野菜の王様ケールを超える含有率

 

ルテイン含有率30mg/100g

 

 

OK・・・夏の貴重な栄養源として沖縄では珍重されて
    きた野菜です。野菜類の中でもトップのルテインの含有量を
    誇りますが、国内で栽培されているものでは一番です。

 

NO・・・植物防疫法で沖縄県外以外では生の状態のものは入手できません。 
    希少な野菜で知名度も低いため、あまりサプリメントには利用
    されていないようです。

 

「ケール」は野菜の王様と呼ばれている

 

 

ルテイン含有率22mg/100g

 

OK・・・ルテインの含有率は野菜類ではトップクラスを誇るケールは
    野菜の王様と呼ばれ、青汁の原料としても有名です。
    多様な栄養成分を一度にに摂取できるのも魅力です。

 

NO・・・青汁が多く、風味にクセがあるので飲みにくいという意見が
    多いようです。

 

 

 

一番多い含有率を誇るのはマリーゴールドですが、費用の面から言うと、
八重山かずらがベストと言えるのではないかと思います。

 

 

関連ページ

ブルーベリーを超える?!沖縄の紅イモの驚きの力とは!?
ブルーベリーの4倍とも言われる沖縄の紅イモのアントシアニンの力で、目に実感される方が増えているようです。
フコイダンは目の衰えや乾きに潤いを与える!
フコイダンは目の衰えや乾きに潤いを与えるといわれていますが、そのランキングはどうなっているのでしょうか?もずくは何位?
天然ルテインの含有量が多いサプリ、一望百景のおすすめポイント!
天然ルテインの含有量はほうれん草が一番ではありません。 八重山かずらはほうれん草の約3倍の含有量を誇っており、ルテイン摂取に最適な植物と言えるでしょう。
ビルベリー、カシス、紅芋、目に良いアントシアニンが一番多いのは?
ビルベリーや紅イモなどに含まれているアントシアニンとは、植物色素の一つで強い抗酸化性作用を持っているポリフェノールの一種で、目の健康に良いと注目されています。
一望百景に含まれるぐしちゃん芋の成分にはどんな効果があるの?
視力がはっきり見えるようになると話題の一望百景の成分であるぐしちゃん芋には目によいと言われているアントシアニンがたっぷり含まれています。
目の悩みを抱えている方に!ルテインの含有量が多いアイサプリ!
ルテインの含有量の多い一望百景は、強い抗酸化力と青い光や紫外線を吸収する効果で目の疾患を予防し、眼精疲労や視力低下、かすみ目などの症状を緩和改善します。
一望百景に含まれる豊富なアントシアニンとは?
一望百景の紅いもに含まれる主成分アントシアニンとはどんな成分なのでしょうか?アントシアニンについて調べてみました!
アントシアニンがドライアイを防いでくれるのは本当なのか?!
アントシアニンがドライアイを予防する効果があるというのは本当なのかどうかを紹介しています。アントシアニンと網膜の関係についても紹介してます。

トップページ お得な通販情報! 商品の口コミについて! Q&A! サイトマップ